undefined

火星衛星探査機の開発に寄与する
精密加工品製作

有限会社ワイエスデザイン(東京都・稲城市)
代表取締役 斉藤康修

火星衛星探査機のイオン観測に貢献

補助事業の成果の製品・サービス・技術等について教えてください。

火星衛星探査機に搭載する観測器製作に取り組むにあたり、加工精度を上げる必要から、マシニングセンタという加工機をものづくり補助金で購入しました。

宇宙分野での精密加工では寸法が合うことと、軽量化が重要です。しかし、軽量化のために加工品を薄くすると、寸法の精度が出にくくなります。どのように精密に加工するかというところで、マシニングセンタが必要でした。

具体的にはどのような製品なのでしょうか?

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が進めている火星衛星探査計画(MMX)に関わるプロジェクトです。
火星衛星探査機は2024年に打上げられ、2025年に火星周回軌道に投入し、2029年に地球帰還を想定しています。

火星衛星探査機は火星に着地し、サンプルを収集するのがミッションですが、火星衛星探査機には測定や観測する観測器がいくつも搭載されます。弊社が制作したものはそのうちのひとつで、火星の周りの空間のイオンを測定します。

それは世の中にどう役に立つとお考えですか?

宇宙空間のイオンを測定することで、磁場が分かります。太陽からの太陽風で発生する磁場を計測することで、宇宙空間の天気予報が分かります。そのことで、地球にどう影響を及ぼすのかが分かります。それを今回、火星で見ようとしています。

競合と比べて優位性は何でしょうか?

弊社が得意としているのは、削り出しで薄物を高い精度で製作することです。特に宇宙に打ち上げるためには非常に軽く作らなければなりません。その技術を持っています。
また、自社で設計から製造まで手掛けています。研究をされている先生方と直接お話をして、実現したいことに組み込めることを強みだと考えています。

商品開発部門や研究機関とマッチングしたい

どのような使用シーンをお考えですか?

弊社ではNASAの科学衛星Magnetospheric Multiscale磁気圏観測衛星 (MMS)に搭載された観測器を製作しました。それに対しGroup Achievement Awardを受賞しています。

また、イプシロンロケット2号機に搭載したジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)では、低エネルギーイオン質量分析器(LEP-i)、中間エネルギー電子分析器(MEP-e)、中間エネルギーイオン質量分析器(MEP-i)の3種類の観測器の設計製作を担当しました。他にもさまざまな機械を手掛けています。NASAから感謝状をいただいた実績もあります。

どのような場所・人に使ってもらいたいとお考えですか?

弊社の技術を活用して、仕事の幅を広げたいと考えています。

どのようなバイヤーとマッチングしたいですか?

試作品を求めている企業とマッチングできればと考えています。
具体的には商品開発の部門や研究機関。量産よりも一品を製作する方が得意なので、弊社の技術でお役に立てればと考えています。

今後の展望を教えてください。

宇宙開発の分野や特注機器などを得意としていますが、iPhoneシリーズ用各種プロテクターケースといった一般向けの商品も製作して販売しています。これも宇宙分野のノウハウを使っており、アルミ製で薄く、それでいて強度があるプロテクターケースです。さまざまな分野に展開したいと考えています。

宇宙分野で実績ある精密機器製作を役立てる

御社の概要や特徴、事業内容を教えてください。

もともと、会社員として人工衛星や精密測定器、医療機器の設計・製造を行っていました。そこで培った技術を持って独立し、2002年3月に個人事業主としてスタートしました。
設計から製造、組み立てて販売するところまで、小さな会社ながら一気通貫で行えることが強みです。

どのような背景・目的で本事業に取り組んだのですか?

宇宙分野での実績がありますが、人類のために貢献したいといった大それた考えを持っているわけではありません。精密で薄物に対応できる会社が少ないので、弊社の技術がお役に立てればと考えて取り組んでいます。また、その技術を突き詰めて行くことが、技術の発展につながって行くと考えています。

undefined

出展情報

Data

出展ゾーン
機械・部品
補助事業実施年度
平成30年
出展物の名称
火星衛星探査機の開発に寄与する精密加工品等 人工衛星用精密加工品及び観測器
undefined

企業プロフィール

Profile

社名
有限会社ワイエスデザイン
創業年月
2002年3月
代表者
斉藤康修
本社所在地
〒206-0811 東京都稲城市押立1260-4
TEL/FAX
042-713-3257/042-713-3258
ホームページ
https://www.ysdesign.jp/
資本金
300万円
従業員数
4名
取扱製品
人工衛星用観測器、精密機器

お問い合わせ

Contact

来場者の方/取材申込
/その他:運営事務局
所在地
〒100-0013 
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
TEL
03-3502-6871
受付時間
10:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
E-mail
jimukyoku@shin-monodukuri-shin-service.jp
出展者の方:展示事務局
所在地
〒100-0013 
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
TEL
03-5946-8843
受付時間
10:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
E-mail
tenji@shin-monodukuri-shin-service.jp

来場者

来場登録・ログイン

ご来場には事前の来場登録が必要です。
新型コロナウイルス感染対策のため、必ず「来場登録」をお願いします。
登録後、マイページが開設されます。
マイページより、セミナーへの申込や各出展者とのやり取りなどが可能となります。

初めての方はこちら

来場登録

登録がお済みの方はこちら

マイページログイン